パンツは履いておけ。

この世は乱世

あけましたおめでとうございます

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

 クソどうでもいい近況報告ですが、私は大晦日からえっちらおっちらと夫の実家である滋賀へ行き、そこで年を越し、元日は先方の親戚の中に放り込まれ、アナコンダに睨まれたアマガエル状態でした。

 そんな超アウェイの極限で終日愛想笑いだったため、数年接客業のバイトで鍛えた私のさすがの顔面の筋肉も、夕方ごろには痙攣し始めて、顔面崩壊するのではないかと錯覚しました。

 そしてその反動か、だらだらと三が日を終えてしまい、本日も正月気分醒め寄らぬ中、夫の実家でのんびりしている次第であります。

 

 去年は自身の深いところまで掘り下げた『パンツははいておけ』という作品を執筆したわけで、韜晦趣味のある私にとっては、ある意味転換期の一年となりました。人はみんな結局、他人の人生の深い所を覗き見してみたいわけで、そういう所を明け透けに書いているものを渇望しているのだなと。だからこそ、面白いものを執筆したいと思った時に、韜晦は障害にしかならないのだと思い知らされました。

 

 そして大学もまさか二回変わるという事態になってしまいましたが、春から奈良女子大学で勉強させていただきます。国立の女子大に編入というレアな経験もまた、私の執筆に活かせればな、そして学業を疎かにしないようにしなければならないな、今度こそ袴きちんと着て卒業してえな、と考えております。今まで小・中と不登校で、高校は行ってなかったので卒業式今まで一度も出たことねーんですわ、わはは。

 

 執筆の方も色々と名義がごちゃついてたわけなんですが、今後もオトメカナコとして活動して頂ければなと思います。何卒よろしくお願いします。