パンツは履いておけ。

いろいろはみだしてる人の人生備忘録

実はメロンアレルギーだった話

f:id:kanakonakonako:20181023221735j:plain

 

 

 先日、夫と近所の河川敷に行った。なんでもこの時期、コスモス畑が有名ということで、その景色を拝みに行ったのだが、帰りがけにずっとくしゃみと鼻水が止まらなくなり、床につく頃には猛烈な目のかゆみと咳に襲われた。

 

 翌朝起きると、熱が出ていた。

風邪かと思い病院に行くと「アレルギーですね。この時期だとブタクサです」と医師に告げられた。

 

「心当たりあります?」

「あの、昨日コスモス畑に行ったんですよ、河川敷の」

「近くにいっぱい生えてましたでしょ、黄色い、背の高い花。それです。」

 

 つまり、私は知らず知らずのうちに、アレルギーの元凶の巣へのこのこ入っていってたのだ。飛んで火にいる夏の虫もいいとこである。

 今までなんとなく秋になると目がかゆいと感じていて、それがブタクサのせいだということも薄々気づいていたのだが、去年まで住んでいた都内にはあまり生えていなかったため、症状が軽く完全に油断していたのだ。

 都内から引っ越して、初めて迎えた秋。今私が住んでいる地域にはこれでもかというほどブタクサの群生地があり、これはいよいよ対策を講じなければならなくなった。

 

 

 ついでに、メロンアレルギーも発覚した。ブタクサ花粉のアレルギーを持つ人は、ウリ科のアレルギーも併発しやすいらしい。

 メロンは今まで普通に食べていたのだが、確かに言われてみれば食後に口の中がザラザラするなあと思い返した。私はメロンはそういうもんだと思って生きてきたのだが、それを友人や夫に訊いたら「メロンはザラザラしないよ」と言われてしまった。そうか、メロンはザラザラしないのか。

20数年生きてきて知った衝撃の事実に、驚きを隠せなかった。

 

 

 薬局でアレルギーの薬を受け取ると、自転車を漕いで家に帰った。

道すがら、「そうか、私はこれから、ちょっといいレストランに行ったときに出てくる生ハムメロンを、上の生ハムの部分しか食べられないのか」

と思い、ちょっぴり寂しい気持ちになった。

 

 

 家に帰って、寝て起きると、夫が仕事から帰宅していた。

夕飯を作ってくれていたので有り難く頂戴し、看病を受けて寝た。

 

メロンアレルギーの人間は、メロンパンを食べてもいいのだろうか。メロンソーダは果汁をほとんど使ってないから大丈夫だろうか。

まどろむ意識の中で真剣に考えた。

そんなちっぽけな一日だった。

 

 

 

いよいよ来週発売です。よろしゅうお願いします。 

パンツは はいておけ: 中卒フリーターが大学進学した話

パンツは はいておけ: 中卒フリーターが大学進学した話

 

 

ちらっと目次をサービス。

f:id:kanakonakonako:20181023221828p:plain